楽天カードのプライオリティパスのメリットデメリット

楽天カードのプライオリティパスのメリットデメリットは?

  • 楽天カードのプライオリティパスの良い面悪い面
  • 楽天カードのプライオリティパスをお得に使いこなすコツ
  • 海外で楽天カードのプライオリティパスをお得に使いこなすコツ
  • 楽天カードのプライオリティパスを使う時の注意点
  • 楽天カードのプライオリティパスの改悪内容

をまとめました。

 

楽天カードのプライオリティパスのメリットデメリットは?

良い面

  • 無料でVIPラウンジも利用できる

無料でVIPラウンジが利用できる

空港ラウンジには、大きく分けると

  • カードラウンジ
  • 航空会社ラウンジ

の2種類があります。

カードラウンジは、指定のゴールドカード以上を持っているクレジットカード会員用のサービスです。

一方、航空会社ラウンジは、JALやANAなどの航空会社が運営していて、自社の上級会員や、ビジネスクラス、ファーストクラスなど上級クラスの乗客用のサービスです。

なので、航空会社ラウンジは、VIPラウンジとも呼ばれていて、カードラウンジよりもサービスや設備が充実しています。

楽天プレミアムカードのプライオリティパスがあれば、対象となるカードラウンジはもちろん、VIPラウンジも無料で利用できますよ。

 

  • 利用回数は無制限

プライオリティパスには、

  • スタンダード
  • スタンダード・プラス
  • プレステージ

といった3種類の会員ランクがあります。

ランクによって、年会費とラウンジの利用料金が異なり、

  • スタンダード:年会費99ドル、ラウンジ利用料金32ドル
  • スタンダード・プラス:年会費299ドル、ラウンジ利用料金32ドル(10回まで無料)
  • プレステージ:年会費429ドル、ラウンジ利用料金は無料

(2020年6月現在)

楽天プレミアムカードのプライオリティパスは、プレステージ会員です。

なので、回数制限なしで、何度でも無料で利用できますよ。仕事やプライベートでよく飛行機を利用する人にとっては嬉しいですね。

 

  • 年会費が安い

プライオリティパスのプレステージ会員の年会費は429ドルです。

1ドル100円で計算すると、日本円で42,900円に。

でも、楽天プレミアムカードのプライオリティパスなら、カードの年会費は11,000円(税込)なので、30,000円以上お得にゲットできます。

また、他にもプライオリティパス付きのクレジットカードはありますが、

  • アメリカン・エキスプレス・カード:年会費13,200円(税込)
  • JCBプラチナ:年会費27,500円(税込)
  • 三井住友カードプラチナ:年会費55,000円(税込)

など、楽天プレミアムカードよりも高いです。

なので、より安くプライオリティパスを手に入れたいなら、楽天プレミアムカードがおすすめですよ。

 

悪い面

同伴者は有料

楽天プレミアムカードのプライオリティパスを利用できるのは本人のみです。

もし同伴者が一緒に利用する場合は、同伴者料金が発生します。

同伴者料金は、1名につき3,300円(税込)で、楽天プレミアムカード決済となります。

新婚旅行や家族旅行など、複数人で行く旅行の場合には、ちょっと使いづらいですね。

 

家族カードでは利用できない

楽天プレミアムカードの家族カードを持っていても、プライオリティパスは利用できません

本カード会員と同伴するなら同伴者料金を、一人で利用するなら利用料金を払う必要があります。

ただ、プライオリティパスが無くても、楽天プレミアムカード会員が無料で利用できるラウンジがあります。家族カード会員も無料で利用できますので、旅行前に確認しておくといいですよ。

 

プライオリティパスの発行までに時間がかかる

プライオリティパスを利用するには、楽天プレミアムカードに入会した後、楽天e-NAVIで申し込みが必要です。

ただ、楽天e-NAVIで申し込む時には、楽天プレミアムカードのカード番号がいるので、カード到着後にしか申し込みできません。

また申し込み後も、プライオリティパスの会員証が届くまで2週間かかります。楽天プレミアムカードの申し込みからプライオリティパスの到着までかなり時間がかかるんですね。

もし旅行の予定があるなら、遅くても1ヶ月前には楽天プレミアムカードの申し込みを行った方がいいですよ。

 

楽天カードのプライオリティパスをお得に使いこなすコツ

ぼてぢゅうを利用する

ぼてぢゅうを利用する

プライオリティパス会員特典として、空港内にある対象レストランで割引が受けられます。

日本でプライオリティパスを利用できるレストランは、関西国際空港にあるお好み焼き専門店のぼてぢゅうだけ。

国際線、国内線搭乗の出発時にのみ利用でき、3,400円分(税込)まで無料で食べられます。もし3,400円(税込)を超えても、超えた分だけ支払えば大丈夫ですよ。

関西国際空港を利用する時は、早めに空港行って、ぼてぢゅうでご飯を済ませると大変お得ですね。ただ、同席する同伴者がいる場合、同伴者料金3,300円(税込)がかかるので、注意してくださいね。

 

航空会社ラウンジを利用する

航空会社ラウンジは、カードラウンジより設備もサービスも充実しているので、ラウンジを利用するなら、航空会社ラウンジを利用した方が断然お得です。

例えば、カードラウンジでは、ソフトドリンクやスナックは無料で食べられますが、アルコールは基本有料。

また、航空会社ラウンジよりも狭く、制限区域外の搭乗ゲートから比較的遠い場所に設置されていることが多いので、不便です。

さらに、近年ゴールドカード所持者が増えているので混雑しており、ゆっくりできないことも多いです。

一方、航空会社ラウンジでは、軽食やアルコールも無料で提供されており、中も広く、ホテルのような雰囲気です。また、制限区域内の搭乗ゲート近くに設置されており、利用客も少ないので、搭乗時間までゆっくりくつろげます。

ちなみに、国内にあるプライオリティパスが利用できる航空会社ラウンジは、

  • 成田国際空港: KALビジネスクラスラウンジ
  • 中部国際空港:スターアライアンスラウンジ、グローバルラウンジ、KALラウンジ
  • 関西国際空港:KALビジネスクラスラウンジ
  • 福岡空港:KALラウンジ

の6ヶ所。

航空会社ラウンジがある空港を利用する時は、ぜひ航空会社ラウンジを利用してみてくださいね。

 

海外で楽天カードのプライオリティパスをお得に使いこなすコツ

公式アプリを使う

公式アプリを使う

プライオリティパスには、無料の公式アプリがあります。

アプリを使えば、世界中にあるプライオリティパスが使えるラウンジを検索したり、利用条件や営業時間、場所を調べられます。

またGPS機能を使って、近くにある利用可能なラウンジを教えてくれたりもします。

海外でプライオリティパスを使ってラウンジを利用したい時、日本なら近くのスタッフに聞けばすぐに分かりますが、海外は言葉が通じないので、スタッフに尋ねるのも難しいです。

でもアプリがあれば、世界中どこにいても、自分ですぐに調べられるので安心です。海外へ行くなら、公式アプリを事前にダウンロードしておくといいですよ。

>>>プライオリティパス【ios】アプリ

>>>プライオリティパス【Android】アプリ

 

 

  • 複数のラウンジをはしごする

プライオリティパスがあれば、1日に複数のラウンジを利用できます

日本には、プライオリティパスを利用できるラウンジはまだ少ないですが、海外には、1つの空港にプライオリティパスを利用できるラウンジがいくつもある空港があります。

例えば、

  • トロント・レスター・B・ピアソン国際空港(カナダ):8カ所
  • ロンドン・ヒースロー空港(イギリス):9カ所
  • ソウル・仁川国際空港(韓国):9カ所
  • シドニー・キングスフォード・スミス国際空港(オーストラリア):10カ所
  • ドバイ国際空港(アラブ首長国連邦):11カ所
  • バンコク・スワンナプーム国際空港(タイ):14カ所

 

ラウンジによってサービス内容は違いますので、早めに空港へ行っていろんなラウンジをはしごすると、よりお得に楽しめますよ。

 

海外ならではの豪華なサービスを利用する

プライオリティパスが利用できる日本のラウンジには、おにぎりや菓子パン程度の軽食しかありませんが、海外のラウンジには、ホテル並みの豪華なビュッフェが食べられる所もあります。

また海外なら、シャワールームやスパを利用できるラウンジもありますよ。

もちろん日本にも、JALファーストクラスラウンジやサクララウンジなど、豪華なサービスや設備が整った空港ラウンジはあります。

でも残念ながら、プライオリティパスが利用できません。

なので、海外でプライオリティパスを使うなら、ビュッフェやスパなど、日本では受けられない海外ラウンジならではのサービスを利用するといいですよ。

 

楽天カードのプライオリティパスを使う時の注意点

プライオリティパスは申込みが必要

プライオリティパスは申込みが必要

楽天プレミアムカードを持っていても、プライオリティパスは利用できません。

プライオリティパスを利用するには、プライオリティパスの会員証が必要です。

会員証は、楽天プレミアムカード到着後に、楽天e-NAVIで申し込めばもらえます。

もし、楽天e-NAVIからではなく、プライオリティパス社に直接申し込みすると、別途年会費が請求されてしまうので、注意してくださいね。

 

有効期限は2年間

プライオリティパス会員証の有効期限は、申し込み月から2年間です。

有効期限がきても、自動で更新してはくれません

「いざプライオリティパスを使おうと思ったら、有効期限が切れていた!」なんてことにもなりかねません。

有効期限が近くなったら、忘れずに楽天e-NAVIから申し込みしてくださいね。

 

子どもも同伴者料金がかかる

プライオリティパスが利用できる多くのラウンジで、子どもも大人と同じ金額の同伴者料金がかかります。

例えば、3歳の女の子を連れたお父さんがラウンジを利用する場合、お父さんはプライオリティパスがあれば無料ですが、3歳の女の子には3,400円(税込)の同伴者料金がかかってしまうんですね。

ほとんど飲食できない子どもも同伴者料金を払わないといけないというのは、かなり損した気分になりますね。

もちろん、一部のラウンジでは、一定年齢未満の子どもは無料で利用できる場合もありますので、子ども連れで旅行する時は、事前に確認しておくといいですよ。

 

楽天カードのプライオリティパスの改悪内容

  • まだ改悪していない

楽天カードのプライオリティパスは改悪していない

 

2019年8月1日から、アメリカン・エキスプレスのプライオリティパスで、空港内レストランが利用できなくなりました。

また2020年6月1日から、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのプライオリティパスで、同伴者料金が2,200円(税込)から3,300円(税込)に値上がりしました。

でも、楽天プレミアムカードのプライオリティパスの場合、レストランも引き続き利用できるし、値上げもしていないので安心してくださいね。

  • 今後改悪する可能性はある

 

ただし、プライオリティパスの年会費や同伴者料金の値上がり、アメリカン・エキスプレスの改悪を受け、今後楽天プレミアムカードでも改悪される可能性は十分考えられます。

なので、すでにプライオリティパスを持っている人は、今のうちにできるだけ利用しておくといいですね。

また今から申し込む人は、今後改悪する可能性もあることを念頭に置いて、申し込みましょう。

 

まとめ

  • 楽天カードのプライオリティパスなら、何度でも無料でVIPラウンジが利用できるが、同伴者は有料
  • 関西国際空港にあるぼてぢゅうなら、3,400円分無料で食べれてお得
  • 海外でプライオリティパスを使うなら、公式アプリがあると便利
  • プライオリティパスは申込みが必要で、有効期限は2年間
  • 楽天カードのプライオリティパスはまだ改悪していない

 

楽天ポイントを最大限ためる方法

ポイントを取りこぼしてない?

楽天ポイントを取りこぼす

もし知らないあなたは、損をしてるかも

楽天公式の新サービスがスタートしてるんですね!

 

最大20%のポイントがもらえる「楽天Rebates」

楽天ポイントを貯める人

  • ユニクロ
  • イオンショップ
  • Apple公式サイト

など、約500店で楽天ポイントが貯まるようになりました!

専用アプリを入り口にして、買い物をするだけ

ポイントの取りこぼしがないように、準備だけはしておきたいですね。

 

rakuten-rebatesアプリ

ダウンロードは無料です!

↓↓↓

今すぐアプリをダウンロード

 
 
 
 




スポンサーリンク