楽天カードノーマルとゴールドの損益分岐点

楽天カードゴールドとノーマルの比較

  • 楽天カードゴールドとノーマルの比較
  • 楽天カードゴールドの損益分岐点
  • 楽天カードのノーマルをおすすめする人
  • 楽天カードのゴールドをおすすめする人

をまとめました。

 

楽天カードゴールドとノーマルの比較

  • ゴールドは年会費がかかるだけ、内容が充実してる
ノーマル ゴールド
年会費 永年無料 2,200円(税込)
還元率 1.0%~3.0% 1.0%~5.0%
国際ブランド Visa、JCB、Mastercard、Americanexpress Visa、JCB、Mastercard
ETCカード 年会費550円(税込) 無料
家族カード 無料 年会費550円(税込)
利用可能額 最高100万円 最高200万円
申し込み条件 18歳以上 20歳以上
明細書発行費用 84円(税込) 無料
海外旅行損害保険 最高2,000万円 最高2,000万円
その他特典 なし 空港ラウンジサービス、トラベルデスクサービス

 

年会費

ノーマルカードは永年無料

楽天ノーマルカードは永年無料

楽天カードの年会費は、ノーマルカードの場合、ずっと無料です。

なので、クレジットカード初心者でも、気軽に作れますよ。

 

ゴールドカードは2,200円(税込)/年

一方、楽天ゴールドカードの年会費は2,200円(税込)です。

持っているだけで毎年2,200円払わないといけないので、ゴールドカードを作るなら、使わないと損ですよ。

 

還元率

ノーマルカードは1.0%~3.0%

楽天カードの還元率は、ノーマルカードの場合1.0%~3.0%です。

通常は1.0%ですが、楽天市場で利用すると、

  • 楽天市場お買い物通常ポイント +1倍
  • 楽天カードご利用特典ポイント +1倍

が加わります。

よって、還元率は3.0%になるんですね。

 

ゴールドカードは1.0%~5.0%

一方、楽天ゴールドカードの還元率は1.0%~5.0%です。

通常はノーマルカード同様1.0%ですが、楽天市場で利用すると、

  • 楽天市場お買い物通常ポイント +1倍
  • 楽天カードご利用特典ポイント +1倍
  • 楽天ゴールドカードご利用特典ポイント +2倍

となり、還元率は5.0%にまでアップします。

年会費がかかる分、ゴールドカードの方が2.0%多くポイント還元されるんですね。

 

国際ブランド

ノーマルカードは4種類、ゴールドカードは3種類

楽天カードを作る時に選べる国際ブランドは、ノーマルカードの場合、

  • Visa
  • JCB
  • Mastercard
  • Americanexpress

の4種類です。

でも、ゴールドカードになると、

  • Visa
  • JCB
  • Mastercard

の3種類しか選べません。

ゴールドカードの場合、Americanexpressが選べないのは不便ですね。

 

ETCカード

ゴールドカードもしくはプラチナ会員以上なら無料

楽天のETCカードは、ゴールドカードだと無料ですが、ノーマルカードだと、年会費550円(税込)かかります。

ただし、ノーマルカードでも、楽天の会員ランクがプラチナ以上なら、年会費は無料になります。

【プラチナ会員の条件】

  • 過去6ヶ月以内に楽天ポイントを2,000ポイント以上かつ15回以上獲得

なので、楽天カードをよく利用する人なら、ノーマルカードでも無料でETCカードを使える可能性が高いですよ。

 

家族カード

ゴールドカードは年会費がかかる

楽天カードの本会員と生計を同一にする18歳以上の家族なら、家族カードを発行できます。

家族カードは本会員のカードと同じになるので、

  • 本カードがノーマルなら家族カードもノーマル
  • 本カードがゴールドなら家族カードもゴールド

になります。

ノーマルカードの場合、家族カードも無料ですが、ゴールドカードの場合、家族カードは年会費550円(税込)かかります。

でも、本カードの年会費2,200円(税込)に比べると、家族カードの年会費はかなり安いと言えます。

もし、家族がゴールドカードを持っているなら、別でゴールドカードを作るより、家族カードを作った方がお得ですよ。

 

利用可能額

ゴールドカードはノーマルカードの倍

楽天ノーマルカードの利用可能額は、最高100万円までです。

ゴールドカードになると、倍の最高200万円まで可能になります。

ただ、どちらのカードにしても、利用可能額は審査によって決まります。

収入が少なかったり、支払いが遅延していたりすると、支払い能力がないと判断されます。利用可能額は少なくなりますので、注意してくださいね。

 

申込み条件

ノーマルカードは18歳以上、ゴールドカードは20歳以上

楽天カードを作れるのは、ノーマルカードだと18歳以上、ゴールドカードだと20歳以上の人となります。

どんなに収入があっても、20歳未満の人はゴールドカードが作れません

ゴールドカードが欲しい人は、20歳になるのを待ちましょう。

 

明細書発行費用

ノーマルカードは84円(税込)かかる

楽天カードの利用明細は、楽天e-NAVIで確認できます。

でも、印刷した明細書を発行して欲しい場合には、発行費用84円(税込)がかかります

ノーマルカードの場合、明細書を発行する月の請求金額に加算されますが、ゴールドカードの場合、無料で発行してもらえます。

大きな金額ではありませんが、塵も積もれば山。毎月明細書が欲しい人にとっては、ゴールドカードの大きなメリットですね。

 

海外旅行損害保険

保険内容に違いはない

楽天カードには、海外旅行損害保険が付帯されています。

保険の内容は、ノーマルでもゴールドでも変わらず、最高2,000万円まで補償されます。

年会費無料のノーマルカードでも、最高2,000万円の補償を受けられるのは嬉しいですね。

 

その他特典

ゴールドカードなら空港ラウンジとトラベルデスクが利用できる

楽天ゴールドカードには、特典として、空港ラウンジサービスとトラベルデスクサービスが付いています。

空港ラウンジサービスでは、対象となる空港ラウンジを年2回まで無料で利用できます

ちなみに、利用できる空港ラウンジは、

  • 北海道:新千歳空港、函館空港、旭川空港
  • 東北:青森空港、秋田空港、仙台国際空港
  • 北陸:新潟空港、富山空港、小松空港
  • 関東:成田国際空港、羽田空港
  • 中部:中部国際空港セントレア、富士山静岡空港
  • 近畿:関西国際空港、伊丹空港、神戸空港
  • 中国:岡山空港、広島空港、米子鬼太郎空港、山口宇部空港、出雲縁結び空港
  • 四国:高松空港、松山空港、徳島阿波おどり空港
  • 九州:福岡空港、北九州空港、大分空港、長崎空港、阿蘇くまもと空港、宮崎ブーゲンビリア空港、鹿児島空港
  • 沖縄:那覇空港
  • ハワイ:ダニエル・K・イノウエ国際空港
  • 韓国:仁川空港

です。

またトラベルデスクサービスとは、ニューヨークやパリ、上海など、世界38拠点にある現地デスクが、緊急時の案内や観光情報などの紹介、レストランの予約など、旅行をサポートしてくれるサービスです。

よく海外へ行く人には、あると便利な特典ですね。

 

楽天カードゴールドの損益分岐点

楽天市場での購入金額が11万円

楽天市場での購入金額が11万円

楽天のノーマルカードは年会費無料ですが、ゴールドカードは年会費2,200円(税込)かかります。

でも、楽天市場でカードを使って買い物すると、

  • ノーマルカード:100円につき3ポイント
  • ゴールドカード:100円につき5ポイント

もらえるので、ゴールドカードの方が100円につき2ポイント多く貯まります。

ノーマルカードとゴールドカードの損益分岐点は、もらえるポイント数の差が2,200ポイントになった時です。

楽天市場でいくら買い物したら、もらえるポイント数の差が2,200ポイントになるのか調べたところ、

  • 1万円の場合・・・ノーマル:300ポイント、ゴールド:500ポイント → 差:200ポイント
  • 2万円の場合・・・ノーマル:600ポイント、ゴールド:1,000ポイント → 差:400ポイント
  • 3万円の場合・・・ノーマル:900ポイント、ゴールド:1,500ポイント → 差:600ポイント
  • 4万円の場合・・・ノーマル:1,200ポイント、ゴールド:2,000ポイント → 差:800ポイント
  • 5万円の場合・・・ノーマル:1,500ポイント、ゴールド:2,500ポイント → 差:1,000ポイント
  • 6万円の場合・・・ノーマル:1,800ポイント、ゴールド:3,000ポイント → 差:1,200ポイント
  • 7万円の場合・・・ノーマル:2,100ポイント、ゴールド:3,500ポイント → 差:1,400ポイント
  • 8万円の場合・・・ノーマル:2,400ポイント、ゴールド:4,000ポイント → 差:1,600ポイント
  • 9万円の場合・・・ノーマル:2,700ポイント、ゴールド:4,500ポイント → 差:1,800ポイント
  • 10万円の場合・・・ノーマル:3,000ポイント、ゴールド:5,000ポイント → 差:2,000ポイント
  • 11万円の場合・・・ノーマル:3,300ポイント、ゴールド:5,500ポイント → 差:2,200ポイント

という結果になりました。

よって、ノーマルカードとゴールドカードの損益分岐点は、楽天市場での購入金額が11万円の時というのが分かりますね。

 

楽天カードのノーマルをおすすめする人

  • 20歳未満の人

20歳未満の人

楽天カードは18歳から作れますが、ゴールドカードは20歳以上の人しか作れません

18歳以上20歳未満の人は、ノーマルカードを作りましょう。

 

  • Americanexpressのカードが欲しい人

楽天ノーマルカードなら、Visa、JCB、Mastercard、Americanexpressの中から好きな国際ブランドを選べます。

でも、ゴールドカードでは、Visa、JCB、Mastercardは選べても、Americanexpressは選べません

もし、Americanexpressのカードが欲しいなら、ノーマルカードを選んでくださいね。

 

  • 楽天市場での買い物が年11万円未満の人

楽天市場で年11万円買い物すると、ノーマルカードとゴールドカードでもらえるポイント数の差が2,200ポイントになるので、ゴールドカードの年会費の元が取れます。

でも、年11万円に満たない場合には、ゴールドカードの年会費の元が取れず、損する可能性があります

楽天市場で年11万円以上買い物できそうにないなら、ノーマルカードにしておいた方が無難ですよ。

 

楽天カードのゴールドをおすすめする人

  • 楽天市場での買い物が年11万円以上の人

年11万円以上買い物する人

楽天ゴールドカードを使って楽天市場で年11万円買い物すれば、ゴールドカードの年会費2,200円分がポイントで返ってきます。

さらに、買い物すればするほど、ノーマルカードより多くのポイントをゲットできます

楽天市場で年11万円以上買い物するなら、年会費を払ってでも、ゴールドカードを作った方がお得ですよ。

 

  • 毎年空港を利用する人

楽天ゴールドカードを持っていれば、国内空港ラウンジと一部の海外空港ラウンジを、年2回まで無料で利用できます

出張や旅行で毎年空港を利用するなら、楽天ゴールドカードがあると便利ですね。

 

  • カード利用が毎月100万円を超える人

楽天ノーマルカードの利用可能額は、最高100万円です。どんなに高収入の人でも、100万円までしか利用できません。

でも、楽天ゴールドカードなら、最高200万円まで可能になります。毎月のカード利用が100万円を超える人は、ゴールドカードを選んだ方がいいですね。

 

まとめ

  • 楽天カードノーマルは無料だが、ゴールドは年2,200円(税込)かかる
  • 楽天カードゴールドの損益分岐点は、楽天での購入金額が年11万円の時
  • 20歳未満の人、Americanexpress のカードが欲しい人にはノーマルがおすすめ
  • 楽天で年11万円以上買い物する人にはゴールドがおすすめ

 

 

楽天ポイントを最大限ためる方法

ポイントを取りこぼしてない?

楽天ポイントを取りこぼす

もし知らないあなたは、損をしてるかも

楽天公式の新サービスがスタートしてるんですね!

 

最大20%のポイントがもらえる「楽天Rebates」

楽天ポイントを貯める人

  • ユニクロ
  • イオンショップ
  • Apple公式サイト

など、約500店で楽天ポイントが貯まるようになりました!

専用アプリを入り口にして、買い物をするだけ

ポイントの取りこぼしがないように、準備だけはしておきたいですね。

 

rakuten-rebatesアプリ

ダウンロードは無料です!

↓↓↓

今すぐアプリをダウンロード

 
 
 
 




スポンサーリンク