家族カードのメリット・デメリット

楽天カードの家族カードのメリットデメリット

  • 楽天カードの家族カードのメリットデメリット
  • 楽天カードの家族カードを使うべき人
  • 楽天カードの家族カードを使わない方がいい人
  • 楽天カードの家族カードを活用するコツ
  • 楽天カードの家族カードQ&A

をまとめました。

 

楽天カードの家族カードのメリットデメリット

良い点

簡単に発行できる

発行が簡単

本カードを発行する時は、居住状況や勤務先情報、年収、預貯金額、借入金額など、たくさんの個人情報を入力し、引き落とし先の口座を登録する必要があります。

一方、家族カードの場合は、氏名、性別、生年月日、続柄、メールアドレスなど、基本情報だけです。

また審査に関しても、本カードの場合は、無職で貯金がない、借金があるなど、本人に支払い能力がないと、落ちる可能性があります。

でも、家族カードは本会員が審査対象になるので、本人の支払い能力は問われません

本会員が利用料金を長期延滞するなどトラブルがない限り、審査に落ちる心配はないので安心です。

 

引き落とし先を1つにまとめられる

家族カードの利用料金は、本会員の口座からまとめて引き落とされます

もし、夫の利用料金は夫の口座から、妻の利用料金は妻の口座から引き落としとなると、2つの口座を管理しなければなりません。

でも、まとめて引き落とされれば、管理するのは1つの口座だけで済むので助かりますね。

 

家族でポイントをまとめられる

家族カードの利用料金に応じたポイントは、本カードの利用料金と合わせた金額に対して、本会員に与えられます。

また、「家族でポイントおまとめサービス」を利用すれば、本会員と家族会員間で、お互いのポイントを移行できます

手数料は無料で、50ポイント以上から1ポイント単位で移行でき、上限は1ヶ月10,000ポイントです。

でも、注意点が1つ。

移行できるのは通常ポイントのみで、期間限定ポイントや、提携先から交換したポイントは移行できません。

 

家族カードの利用状況を確認できる

家族カードの利用明細は、本会員の「楽天e-NAVI」にて確認できます

もし、本会員が「WEB明細サービス」に登録していない場合には、毎月郵送で送られてくる「ご利用代金請求明細書」に掲載されています。

また、「カード利用お知らせメール」に登録していれば、家族カードが使われる度に、利用先や利用金額が本会員にメールで通知されます。

本人はもちろん、家族の利用状況がその都度分かるので、使い過ぎを防げますよ。

 

年会費が安い

新規で楽天ゴールドカードを発行するには、年会費として2,000円(税別)かかります。

楽天プレミアムカードの場合は、10,000円(税別)です。

でも、楽天ゴールドカードまたは楽天プレミアムカードの家族カードなら、どちらも500円(税別)で発行できます

本カードよりもかなり安く発行できるのでお得ですね。

 

 

悪い点

発行時にもらえるポイントが少ない

楽天カードの本カードに新規入会すると、入会特典として、

  • 楽天カード、楽天PINKカード、楽天ゴールドカード・・・5,000ポイント
  • 楽天プレミアムカード・・・10,000ポイント

がもらえます。

一方、家族カードの場合、もらえるポイントは

  • 楽天カード、楽天PINKカード・・・2,000ポイント
  • 楽天ゴールドカード・・・2,500ポイント
  • 楽天プレミアムカード・・・3,000ポイント

です。(2020年3月1日現在)

本カードに比べ、もらえるポイントが3,000~7,000ポイント少なくなりますので、入会特典だけで考えると、大きな損になりますね。

 

 

国際ブランドが選べない

家族カードの国際ブランドは、本カードと同じになります。

なので、もしJCBのカードが欲しいと思っても、本カードがVISAなら、家族カードもVISAになります。

違う国際ブランドのカードが欲しい人には、大きなデメリットになりますね。

 

カードデザインが選べない

楽天カードには、ディズニーやパンダ、楽天イーグルスなど、いろんなデザインのカードがあります。(2020年3月1日現在)

せっかくなら、自分の好きなデザインを選びたいですし、本カードとは違うデザインを選べば、見た目ですぐに誰のカードか見分けが付くのでいいですよね。

でも残念なことに、家族カードのデザインは、本カードと同じになります。

違うデザインのカードを作りたい人は、本カードを選びましょう。

 

利用可能枠が本会員の利用可能枠の範囲内

家族カードの利用可能枠は、本カードの利用可能枠の範囲内とされています。

例えば、本カードの利用可能枠が10万円の場合、家族カードで3万円利用すると、本カードでは残り7万円しか使えないということなんですね。

家族カードを使った分だけ、本カードが使えなくなるので、普段たくさんカードで買い物をする人は、注意が必要ですね。

 

ETCカードを発行できない

楽天ETCカードの発行は、楽天の本カードを持っていることが条件です。

家族カードでは、ETCカードを発行できません。

もし、家族名義のETCカードも欲しいなら、本カードを作りましょう。

 

Edy機能の付帯に発行手数料がかかる

2019年10月1日から始まった、「キャッシュレス・消費者還元事業」の影響で、今キャッシュレス決済する人が増えています。

もちろん楽天Edyもキャッシュレス決済の対象になっているので、せっかく楽天カードを作るなら、Edyを付けたいですよね。

でも、本カードを発行する時は無料で付けられますが、家族カードの場合は、300円(税別)の発行手数料がかかります

大した金額ではありませんが、ちょっと損した気分になりますよね。

 

楽天プレミアムカードのプライオリティ・パス特典は対象外

プライオリティ・パスとは、世界にある1,300ヶ所以上の空港ラウンジを利用できるサービスです。

楽天プレミアムカードの本会員なら、無料で好きなだけ利用できます。

でも、家族会員の場合は、本会員の同伴者として、同伴者料金を支払う必要があります

同伴者料金は32ドルなので、日本円にすると約3,500円(2020年3月1日現在)です。

家族も年に3回以上利用するなら、本カードの年会費を払った方が得ですね。

 

 

兄弟姉妹では発行できない

家族カードを発行できる条件は、「生計を同一にする配偶者、親、子ども(18歳以上)」とされています。

生計を同一にする配偶者には、同性パートナーも含まれています。

でも、生計を同一にして、ひとつ屋根の下に住んでいても、兄弟姉妹は対象外となります。

兄弟姉妹の場合は、それぞれが本カードを発行しましょう。

 

楽天カードの家族カードを使うべき人

  • 審査が不安な人

審査が不安

主婦や学生でも、世帯主である夫や両親に支払い能力があれば、本カードを発行できます。

でも、大きな借金のある人、自己破産や強制退会させられた経験などがある人は、審査に落ちる可能性が高くなります

家族カードなら、本人は審査対象にならないので、審査に不安のある人は、家族カードを選んだ方が安心ですね。

 

  • 引き落とし先をまとめたい人

本カードの引き落とし先は、本人名義の口座と決まっています。

なので、夫婦がそれぞれ本カードを持っている場合、夫のカードの引き落とし先は夫名義の口座、妻のカードの引き落とし先は妻名義の口座となり、同じ口座から引き落とすことはできません。

でも、家族カードなら、引き落とし先は本カードの引き落とし先と同じです。

引き落とし先をまとめたい人には、家族カードがおすすめです。

 

  • 家族でポイントをまとめたい人

たまにしかカードを利用しない人や金額が少ない人は、貯まるポイントはわずかなので、使い道が限られます。

家族会員になれば、ポイントは本会員の口座に入るので、家族で効率よく貯めることができ、使い道も広がります

家族でポイントをまとめたいなら、家族カードが便利です。

 

  • 家族の利用状況を把握したい人

本会員は家族カードの利用明細を確認できます

もし家計簿を付けているなら、誰が何にいくら使ったのか聞かなくても、自分で確認できるので便利です。

また、単身赴任の夫や、海外留学などで離れて暮らす子どもに家族カードを渡しておけば、カードの利用状況からも、普段の生活の様子がうかがえるので安心ですね。

 

  • 本カードがゴールドカード以上の人

本カードの年会費は、

  • 楽天ゴールドカード・・・2,000円(税別)
  • 楽天プレミアムカード・・・10,000円(税別)

です。

家族カードなら、どちらも年会費は500円(税別)です。

本カードがゴールドカード以上なら、家族カードを作った方が断然お得ですね。

 

 

家族カードを使わない方がいい人

  • プライバシーを守りたい人

プライバシー

家族カードの利用明細は、本会員に通知されます

家族でも、いつ、どこで、いくら使ったのか知られたくないという人も多いと思います。

個人のプライバシーを守りたい人は、本カードを選びましょう。

 

  • 引き落とし先を別々にしたい人

本カードは、カードごとに引き落とし先が違いますが、家族カードは本カードと引き落とし先が同じになります。

口座を用途によって使い分けている人は、例えば、趣味や娯楽で使うカードは小遣い用の口座から、食料品や日用品を購入するカードは家計用の口座から引き落とされると、管理がしやすくていいですよね。

カードによって引き落とし先を分けたい人には、本カードがおすすめです。

 

  • 利用金額が高い人

家族カードの利用可能枠は、本カードの利用可能枠の範囲内なので、どちらかが高い買い物をすると、利用可能枠を超えてしまい、途中で使えなくなる可能性があります。

毎月のように利用金額が高くなりそうな人には、本カードをおすすめします。

 

  • 異なる国際ブランドのカードが欲しい人

本カードと家族カードは国際ブランドが同じです。

国際ブランドによってカードの使える店が異なりますので、夫婦で違う国際ブランドのカードを持ちたい人もいると思います。

異なる国際ブランドのカードを持ちたい人は、本カードを作りましょう。

 

  • カードのデザインを選びたい人

本カードと家族カードは同じデザインと決まっているので、家族カードでは好きなデザインを選ぶことはできません

本カードと違うデザインを選びたい人は、本カードを作ってくださいね。

 

  • ETCカードが欲しい人

家族会員ではETCカードを作れません

ETCカードが欲しい人は、本カードを作りましょう。

 

楽天カードの家族カードを活用するコツ

家族でポイントを貯めて欲しい商品をゲット

ポイントを貯める

家族カードのポイントは本会員に与えられます。

家族みんなが普段の支払いに家族カードを使えば、より多くポイントを貯めることができます

貯めたポイントは楽天市場や楽天トラベル、加盟店での支払いにも使えます。

ポイントを利用して、みんなで外食したり、家族旅行へ行ったり、家電製品や家具など、欲しかった高額商品を手に入れましょう。

 

家計の管理をラクに

普段の買い物に家族カードを利用すれば、誰が、いつ、どこで、いくら使ったのかは一目瞭然です。

家計簿を付ける必要もなくなります。

また、利用料金は1つの口座からまとめて引き落とされるので、残高確認や入金の手間が減り、管理がとても楽になりますよ

 

海外への家族旅行も損害保険で安心

家族カードにも、本カード同様の海外旅行損害保険が付いています

例えば、本会員の夫と家族会員の妻、カードを持っていない子どもの3人で海外旅行へ行く場合、夫と妻は保険の対象となりますが、子どもは対象外となります。

また、気になる保障内容ですが、

  • 傷害死亡・後遺障害・・・最高2,000万円
  • 傷害治療費用・・・最高200万円
  • 疾病治療費用・・・最高200万円
  • 賠償責任・・・最高2,000万円
  • 救援者費用・・・最高200万円
  • 携行品損害(免責金額3,000円)・・・最高20万円

と、無料とは思えないほど充実しています。

家族で海外へ行く機会の多い人は、家族カードを作っておくと安心ですね。

ただ、注意点が1つあります。

保険が有効となるには、日本を出国する前に、

  • 自宅から出発空港までの公共交通機関の交通費
  • 海外旅行代金

のどちらかを、楽天カードで支払っている必要があります。

楽天カードを持っているだけで、保険が使えるわけではないのでご注意ください。

 

楽天カードの家族カードQ&A

家族名義の口座でカードの引き落としできる?

できない

できない

家族カードの引き落とし先は、本会員と同じ口座になります。

本会員の引き落とし口座は、本人名義の口座と決まっているので、家族名義の口座を登録することはできません

 

家族カードから本カードへ変更できる?

できない

家族カードから本カードへの変更はできません。

本カードが欲しい場合には、新たに作る必要があります。

ただ新しく作るとなると、これまで貯めたポイントはどうなるの?と心配になりますよね。

ポイント口座を引き継ぐには、本カードを申し込む時に、家族カードで利用していた楽天ユーザIDとパスワードを使って申し込みましょう。

そのまま同じポイント口座に貯めることができますよ。

 

楽天カードと家族カードの2枚持ちはできる?

できる

楽天カード株式会社に確認したところ、「同一名義の本カードと家族カードは、並行してご利用いただけます」とのことでした。

なので、すでに本カードを持っていても、家族会員になることができます。

逆に、家族カードを持っている人が、本カードを作ることもできますよ。

 

まとめ

  • 楽天の家族カードは誰でも発行しやすいが、利用できないサービスもある
  • 家族の利用状況を把握したい人や、ゴールドカード以上の人には、家族カードがおすすめ
  • 自分の自由に使いたい人には、本カードがおすすめ
  • みんなで家族カードを使えば、ポイントが貯まりやすい
  • ひとりで本カードと家族カードの2枚持つことも可能

 

 

楽天ポイントを最大限ためる方法

ポイントを取りこぼしてない?

楽天ポイントを取りこぼす

もし知らないあなたは、損をしてるかも

楽天公式の新サービスがスタートしてるんですね!

 

最大20%のポイントがもらえる「楽天Rebates」

楽天ポイントを貯める人

  • ユニクロ
  • イオンショップ
  • Apple公式サイト

など、約500店で楽天ポイントが貯まるようになりました!

専用アプリを入り口にして、買い物をするだけ

ポイントの取りこぼしがないように、準備だけはしておきたいですね。

 

rakuten-rebatesアプリ

ダウンロードは無料です!

↓↓↓

今すぐアプリをダウンロード

 
 
 
 

 


スポンサーリンク