楽天スーパーセール

楽天スーパーセールは安くないって本当?

  • 楽天スーパーセールは安くないって本当?
  • 買うべきもの、安くなるものを探すコツ
  • 本当に安い買い方をする時の注意点

をまとめました。

 

楽天スーパーセールは安くないって本当?

あまり考えずに買うと、安くならない

楽天スーパーセールは高い割引率のアイテムがたくさん出品され、

「安い!買いたい!」

って気持ちになります。

実は、あまり考えずに買い物をすると、逆に高くなることもあるんです。

楽天スーパーセールの高い割引率ばかり見ていると、失敗することが

けれど、事前に準備をしてから、楽天スーパーセールをむかえれば、安く買い物をすることができます。

 

高く買ってしまうのは、割引率だけを見てるから

楽天セールで損する人

「高い割引率にひかれて買ってみたけど、実はあんまり安くなかった」

パターンが多いです。

別に楽天が嘘をついているわけではありません。

ただ、楽天は、たくさん買い物をしてもらえるように、いろいろなテクニックを使っています。

割引率もテクニックの1つ。

50%割引だと、いつもの半額ですから、すごく安く感じます。

でも、割引率より重要なのは、実際の値段の方です。

値段だけをみて、それでも安いと思うでしょうか?

実際の値段を考えないで、高い割引率の数字だけをみて買い物をすると、結局、高い買い物になってしまうことが多いです。

半額商品など高い割引率の商品は、言ってみれば、客を集めるための客寄せパンダです。

めちゃくちゃ競争率が高くて、実際に買える人は、とても少ないんです。

 

楽天スーパーセールで買うべきもの、安くなるものを探すコツ

買うべきものの例

買うべきものは、日常の消耗品

トイレットペーパー

消耗品は、必ず使うものですし、保存がきくので、たくさんストックしておいても大丈夫です。

例えば、

  • ティッシュペーパー
  • トイレットペーパー
  • 洗剤やシャンプー
  • お米

しかも、重いものが多いので、買い物で持ち歩くのはしんどいです。

子供と一緒に買い物をして、重い荷物を持つ。

できれば避けたいですよね。

楽天スーパーセールで日常の消耗品を買えば、全部、自宅まで届けてもらえます。

 

本もお買い得

商品によっては、同じものでも値段に差があることが多いです。

本は、ほぼ全国どこでも値段が一緒。

定価があって、新品が値引きされることは、ほとんどありません。

ですから、楽天スーパーセールでは、本を買います。

本も、そのほかの買い物も、全部10%のポイント還元を受けられます。

  • 本屋
  • 他のサイト

でも、10%の割引はしてません。

買いまわりによる、ポイント還元がねらうとさらに、安くなります。

例えば、

日常の消耗品などを、9つのショップで、それぞれ1,000円買う

ポイントは、通常1%の還元なら、買いまわりで9倍の9%に

最後に1,000円以上の本を買う

10ショップ目の買い物をしたことになります。

ポイントは10%還元になります。

本が1,500円だとしたら、9店舗の買い物と合わせて、10,500円の買い物です。

ポイントは、10,500円の10%、1,050円分になります。

 

安くなるものを探すコツ

  • Amazonで欲しいものリストを作っておく

欲しいものリストに値段をのせておくのは、楽天スーパーセールの割引率に、まどわされないため。

50%割引!なんて見ると、買いたくなりますが、他の店との値段を比べることが大切

Amazonで欲しいものを検索

とりあえずほしい物リストに

楽天スーパーセールの時は、

Amazonのほしい物に並んでいる商品を、楽天で検索

Amazonに出ている値段より、安ければ、買うことを検討

欲しいものリストを作ることで、高い割引率にまどわされることなく、衝動買いもおさえることができます。

 

  • 普段の値段を知ることがカギ

楽天スーパーセールで、安くなっているものを探すには、普段の値段を知らなくてはいけません。

いくら割引率が高くても、普段から安く売っているものでは、意味がありません。

普段の値段を知るには、

  • 近所の店舗をチェック
  • 他のショッピングサイトで調べる

のもいいでしょう。

 

半額商品を「ねらわない」

楽天スーパーセールは、半額や半額以下って、パッと見では魅力的な商品があります。

でも、実際には、定価の半額というのがほとんどです。

  • 普段から定価の半額に近い値段で売ってる
  • 販売数が少なすぎて買うことができない

商品だらけです。

そのため、半額商品をねらうのは、時間の無駄。

お得な買い物ができる確率が低すぎます。

 

本当に安い買い方をする時の注意点

「買わない」という選択肢を意識する

楽天スーパーセールでは買わない

「期間限定」とか「半額」なんて言葉に、人は弱いです。

楽天も他のお店も、人の心理を利用して、たくさん買ってもらう努力をしています。

でも、お店の戦略にのせられるだけでは、店だけが得をして、客は、損ばかりします。

別に、欲しいもの、お得なものがなければ、買わなくてもいいんです。

  • 本当に安いのか?
  • 本当にこのお店だけなのか?

を意識すると、本当に安いものだけを、買うことができます。

 

・一度のスーパーセールで一気に買おうとしない

楽天スーパーセールは、たしかに魅力的な商品がたくさんあります。

いつもより安いものもあります。

でも、年に1度きりではなく、年に4回もチャンスがあります。

買おうとしているものは、本当に今、買わないと困るものでしょうか?
今、買いたくなるほど、ちゃんと安くなっているでしょうか?

次のセールまで、たまに他のサイトやお店の値段をチェックしながら、気長にチャンスをねらっても困らない商品ではないでしょうか?

人は「期間限定」に弱いものです。

でも、まだ他にもチャンスがあることを意識すれば、落ちついて、安いかどうかを判断することができます。

楽天スーパーセールでもらえるのは期間限定ポイント

楽天スーパーセールでお得に買い物するには、「買いまわり」イベントを使います。

たくさんのショップで買い物をすることで、最大10%のポイント還元を受けます。

でも、注意しないといけないのは、楽天スーパーセールでもらえるのは、期間限定ポイント。

期間限定ポイントは、有効期間が1ヶ月半くらいしかありません。

そのため、楽天スーパーセールで全力を出しすぎて、

  • 買うものがない
  • 忘れててポイントの有効期限を過ぎてしまった

ってことがありえます。

楽天スーパーセールでもらえるのは、何を買うかまで計画を立てておけば安心です。

 

楽天スーパーセールは安くならない?Q&A

半額は嘘の場合がある?

嘘ではないけど、お得ではないパターンが多い

楽天スーパーセールの半額は嘘?
楽天スーパーセールは安くない、という話が出る原因の一つが、半額商品だと思います。

半額商品には、大きく分けて

  1. 定価の半額だけど、普段から定価より安くなっている
  2. 半額は本当にお得だけど、そもそも販売数が少ない

パターンですね。

1.定価の半額だけど、普段から定価より安くなってる

例えば、

定価10,000円の商品が、普段から6,000円で売られている

楽天スーパーセールでは、定価10,000円の半額の5,000円で売り出します。

本当は2割引の値段です。

もちろん、2割引きでもだいぶ安くなってますが、「半額!」というインパクトにひかれて買い物をすると、あとから損した気持ちになります

半額だけど、販売数が少ない

楽天スーパーセールでは、

  • TVなどの家電
  • ブランド物のバッグ
  • バイクや車

まで、半額の対象になることがあります。

もちろん、普段から定価の半額、なんて売り方はしていない商品です。

ですから、半額で買えるなら、本当にお得です。

でも、本当にお得な商品は数に限りがあるって点は覚えておきましょう。

 

実質的な割引率は低い場合がある?

楽天の割引率は、定価と比べたもの

楽天スーパーセールの目玉は、いつもはありえないほどの、大幅割引です。

10%、20%、半額など、お得な情報で、買い物したくなるように誘導します。

とてもお得なようにみえますが、数字のトリックに注意しなくてはいけません。

例えば、

普段から半額で売られている商品

楽天スーパーセールで「半額!」と売りに

全然お得ではない(普段と同じ)

ってことですね。

工夫で割引率をあげることはできる

実質的な割引率をあげるために、ショップの買いまわりでポイント還元をねらいます。

楽天スーパーセール期間中は、1つのショップで1,000円以上買い物をすると、
楽天ポイントのポイント倍率が1倍になります。
1倍では、全然お得になっていませんが、

それぞれ1,000円以上買えば

  • 2つのショップで、ポイント倍率は2倍に
  • 3つのショップで、ポイント倍率は3倍

最大で、10つのショップ利用で、ポイント倍率は10倍になります。

例えば、楽天スーパーセール中に、割引率ゼロの商品でも、

買いまわりでポイント倍率10倍なら、実質的な割引率は10%になります。

もともと、実質的に割引されている商品なら、買いまわりのポイント倍率アップで、さらに実質的な割引率をあげることができます。

 

安くなりにくい商品例

  • 本は定価販売が基本

本は、安くならないです。

ふつうは、価格競争が働いて、同じ商品でも、お店ごとに値段が変わります。

でも、本では、競争は起こりません。

本が安くならないのは、再販制度があるから。

本屋は、絶対に定価で売らないといけないルールがあるんですね。違反すると、ペナルティがあります。

値段から割り引けない分、ポイントをゲットする買い物がかしこいんですね。

 

まとめ

  • 楽天スーパーセール安いものもあるけど、そのまま信じてはダメ
  • 割引率にまどわされず、日用品や本を買うべき
  • 普段から欲しいものリストを作り、他社と比べてから買う
  • 工夫すれば安くすることはできる

ポイントを取りこぼしてない?

楽天ポイントを取りこぼす

もし知らないあなたは、損をしてるかも

楽天公式の新サービスがスタートしてるんですね!

 

最大20%のポイントがもらえる「楽天Rebates」

楽天ポイントを貯める人

  • ユニクロ
  • イオンショップ
  • Apple公式サイト

など、約500店で楽天ポイントが貯まるようになりました!

専用アプリを入り口にして、買い物をするだけ

ポイントの取りこぼしがないように、準備だけはしておきたいですね。

 

rakuten-rebatesアプリ

ダウンロードは無料です!

↓↓↓

今すぐアプリをダウンロード

 
 
 
 

 


スポンサーリンク