楽天Edyが足りないときの対処法

楽天Edyが足りない時の対処法は?

  • 楽天Edyが足りない時の対処法は?
  • 楽天Edyが足りなくて困った声
  • 楽天Edyが足りない時の、現金やクレカの併用はできるかも解説!
  • 楽天Edyの残高不足を減らすコツ

をまとめました。

 

楽天Edyが足りない時の対処法は?

その場でチャージする

その場でチャージ

レジでチャージ可能な店なら、その場でチャージできます。

レジの店員に「楽天Edyのチャージをお願いします」と伝えて、現金を渡すだけなので簡単ですよ。

また、レジでチャージできなくても、Edyチャージャーが置いてあれば、店内でチャージできます。

でも、チャージできるのは現金だけなので、普段からあまり現金を持ち歩かない人は注意してくださいね。

 

他の支払い方法に変更する

レジが混んでいたり、急いでいる時は、現金やクレカ、楽天ペイなど、他の支払い方法に変更するのも手です。

クレカなら、還元率によっては楽天Edyで支払うよりもポイントが多くもらえます

楽天ペイは楽天Edyと同じ還元率なので、ポイント数は変わりません。

現金だとポイントは付きませんが、金額が安ければ、もらえるポイントはわずかです。

レジ待ちしている人の目を気にせず、早く会計を終わらせたいなら、現金払いに変更するのもおすすめです。

 

別の楽天Edyを使用する

いくつか楽天Edyを持っている人は、残高のある別の楽天Edyを使いましょう。

一番手間なく会計を終わらせることができます

 

複数の楽天Edyを併用する

1枚目の楽天Edyで足りなかった分を、2枚目の楽天Edyで支払うことができます。

楽天Edyを何枚も持っていても、残高をひとつにまとめることはできません。

なので、使い切りたい残高がある時には、併用して使ってしまいましょう。

でも、店によって併用できる枚数は決まっているので、併用したい時は店員に確認してくださいね。

 

買うのを止める

なかなか勇気はいりますが、いっそ買うのを止めるという道もあります。

つい衝動買いしちゃったり、店員の勧めやキャンペーンに惹かれて、特別欲しくはなかったのに買ってしまった経験ってありますよね。

一旦買うのを止めることで、今買おうとしている商品が、本当に自分にとって必要なものなのか考え直すきっかけになります

もし「やっぱりいいや」って思えたなら、ムダな買い物を減らせたのでラッキーですね。

 

楽天Edyが足りなくて困った声

  • 欲しい物が買えない

困った声

欲しい物が残高不足で買えなかったら残念ですよね。

後でチャージし直して、再び買いに行くのも面倒です。

忙しい時こそ、二度手間にならないよう、事前に確認しておくといいですね。

 

  • 残高不足の時の音が恥ずかしい

残高がある時は「シャリーン」とかっこいい音がするけど、残高不足の時は残念な音が。

音で支払いできたかできなかったのか分かるのは便利だけど、残高不足の音が鳴ると、

「あの人、残高不足なんだなあ」

というのが周りの人にも分かってしまうので、非常に恥ずかしいですね。

コンビニなど、人の多い店での残高不足は避けたいものです。

 

  • デート中の残高不足はカッコ悪い

デート中、彼氏なら彼女にカッコいい所を見せたいですよね。

でも残高不足で払えなかったら、カッコつけるどころか、カッコ悪いことに。

せっかくのいい雰囲気も台無しです。

デート前にはしっかりと残高を確認しておきたいですね。

 

楽天Edyが足りない時の、現金やクレカの併用はできるかも解説!

現金の併用はできる?

店によって併用できる

店のレジの設定によって、併用できる店とできない店があります。

併用したい時は、レジの店員に確認しましょう。

 

ネットショップでは併用できない

現金の併用ができるのは実店舗だけで、ネットショップではできません。

ネットショップの支払いで楽天Edyを使いたい時は、事前に必要な金額をチャージしておきましょう。

 

残高がある時はできない

例えば、楽天Edyに1,000円残高があるときに、600円の買い物をする場合、300円を楽天Edyで、残り300円を現金で払うことはできません。

なので、楽天Edyで払いたい商品と、現金で払いたい商品がある時は、別々に会計してもらいましょう。

 

クレカの併用はできる?

楽天Edyの仕組み上はできる

楽天Edyのカスタマーデスクに確認したところ、

「Edyの仕組みといたしましては、併用決済が可能でございます。」

とのことでした。

でも、レジの設定によって、できない店も多いようです。

クレカを併用したい時は、店員に確認しましょう。

 

セブンイレブンではできない

ちなみにセブンイレブンでは、楽天Edyとクレカの併用はできません。

他にも

  • nanaco
  • 交通系電子マネー
  • QUICPay
  • iD
  • バーコード決済

とは併用できません。

 

 

楽天Edyの残高不足を減らすコツ

Edyオートチャージを設定しておく

Edyオートチャージ
Edyオートチャージとは、Edyオートチャージ対象店舗で買い物する時に、楽天Edyの残高が設定金額以下になると、自動でチャージしてくれるというサービスです。

事前に楽天e-NAVIにて、楽天Edyの残高とチャージする額、1日の上限額、引き落とし先を設定しておくだけで利用できます。

でも、Edyオートチャージには注意点も。

まず、自動でチャージしてくれるのは、Edyオートチャージ対象店舗で買い物した時だけで、他の店舗ではチャージされません。

オートチャージ設定をしているから大丈夫と安心していたら、いつの間にか残高不足になっていた・・・なんてことも。

いつも利用するお店がオートチャージ対象店舗なのか、事前に確認しておくようにしましょう。

また、設定した楽天Edyの残高と、チャージされる金額の合計金額よりも高い買い物をすると、残高不足になります。

例えば、残高が3,000円以下になったら3,000円チャージされるよう設定しておいた場合、残高は最大で6,000円です。

もし6,000円を超える買い物をしたら、当然残高不足になります。

Edy残高とオートチャージの金額はそれぞれ25,000円まで設定できます。

よく高い買い物をする人は、設定金額を高めにしておくことをおすすめします。

 

おサイフケータイの人は「そろそろチャージ」を利用する

おサイフケータイの楽天Edyに限りますが、「そろそろチャージ」という通知サービスがあります。

楽天Edyアプリが1時間ごとに残高を確認し、設定した金額以下になると、お知らせしてくれるんですね。

自動でチャージはしてくれませんが、わざわざ自分で確認しなくても残高不足が分かるのは便利ですね。

 

残高を確認してチャージしておく

楽天Edyを使う前や使った後には残高を確認し、チャージしておけば残高不足を防げます。

レジの店員にEdyカードを渡して確認してもらったり、使った時のレシートに残高が載っている場合もあります。

他にも、

  • Edyチャージャーで確認する
  • 楽天Edyアプリで確認する
  • 楽天Edyのオフィシャルサイトで確認する
  • 楽天EdyリーダーやFeliCaポート/パソリを使って、パソコンで確認する

など、残高を確認する方法はたくさんあるので、自分にとって一番いい方法で確認し、チャージしておくといいですね。

 

高い買い物にはクレカを使う

高い買い物をすれば、当然残高不足になる機会は増えます。

クレカはパスワードを入力したり、署名したりと、面倒かもしれませんが、もし還元率が1%以上であれば、Edyよりもポイントが多くもらえます。

買い物の金額が大きければ大きいほど、もらえるポイントの差も大きくなります。

高い買い物にクレカを使うことで、残高不足が減り、ポイントも多くもらえて一石二鳥です。

 

まとめ

  • 楽天Edyが足りない時は、レジやEdyチャージャーでチャージする
  • 楽天Edyが足りないと、恥ずかしい思いをする
  • 楽天Edyが足りない時、店によっては現金と併用できる
  • Edyオートチャージを設定することで残高不足を減らせる

楽天ポイントを最大に貯める方法

楽天ユーザーなら、楽天モバイルにしないと損?

楽天モバイル

「楽天モバイルって何?」

  • 無料で国内通話かけ放題
  • 同じ電話番号をそのまま使える
  • 縛りもなく、解約料もかからない

楽天市場の買い物が、利用中ずっとプラス1倍になるのも、ありがたいですね。

今なら1年間タダなので、安心して利用スタートできる期間です。



↓↓↓

楽天モバイルを1年無料で申し込む

 




スポンサーリンク