楽天Edyと楽天ペイの違い

楽天Edyと楽天ペイとの違いは?

  • 楽天Edyと楽天ペイとの違い
  • 楽天Edyと楽天ペイどっちがお得か
  • 楽天Edyと楽天ペイは連携できる?統合する方法も解説
  • 楽天Edyと楽天ペイの選び方のポイント

をまとめました。

 

楽天Edyと楽天ペイとの違いは?

楽天Edyは電子マネー

楽天Edyは電子マネー
楽天Edyは、楽天Edy株式会社が運営している電子マネー。

店の端末にスマホをタッチさせるだけで支払えます。

 

楽天ペイはコード決済

一方、楽天ペイとは、アプリ使ってQRコードやバーコードで支払える、コード決済サービスです。

支払い方法には、

  1. コード払い
  2. QR払い
  3. セルフ払い

の3つがあります。

「コード払いとは?」
店員にバーコードまたはQRコードを読み取ってもらい、支払う方法

「QR払いと?」

店員が提示するQRコードを読み取り、支払う方法

「セルフ払いとは?」

自分でアプリから店を選び、利用金額を入力して支払う方法

店によって利用できる方法が違うので、初めて行く店の場合は、店員に確認するといいですよ。

 

楽天Edyは事前にチャージが必要

楽天Edyは電子マネーなので、事前にチャージが必要です。

店のレジにて現金をチャージしたり、おサイフケータイやEdy機能付き楽天カードの場合、クレジットカードからもチャージできます。

でも、残高がなくなると支払えません。

利用前には残高を確認し、チャージしておく必要があるのは、ちょっと面倒ですね。

 

楽天ペイはクレジットカードの登録が必要

一方、楽天ペイの場合、チャージは不要ですが、クレジットカードの登録が必要です。

楽天ペイで支払うと、登録したクレジットカードから利用代金が引き落とされます。楽天Edyのように、残高を気にしなくても使えるのは便利ですね。

でも、1つ注意点があります。

楽天ペイに登録できるクレジットカードは、

  • 楽天カード(Visa、Mastercard、JCB、American Express)
  • Visa
  • Mastercard

と決まっています。

なので、楽天カード以外のJCBやAmerican Expressは登録できません。

 

楽天Edyは楽天ペイより加盟店が多い

楽天Edyが使える店は、

  • コンビニ
  • スーパー
  • ドラッグストア

など、全国70万ヶ所以上あります。(2019年11月1日時点)

一方、楽天ペイが使える店は、楽天Edyに比べると、まだ少ないです。

なので、楽天ペイよりも、楽天Edyの方が使える機会は多くなりますね。

>>>楽天Edyが使える店

>>>楽天ペイが使える店

 

 

楽天ペイは期間限定ポイントが使える

楽天ペイは、楽天ポイントでも支払えます。

また楽天Edyも、楽天ポイントをチャージできます。

でも、両者の大きな違いは、期間限定ポイントを使えるかどうか。

  • 楽天Edyにチャージできるのは通常ポイントのみ
  • 楽天ペイでは期間限定ポイントも使える

期間限定ポイントは、使い道が限られており、有効期限も短いです。使え切れずに失効してしまったり、使い方に悩んでいる人も多いですよね。

楽天ペイなら、普段の買い物で期間限定ポイントを消費できるので、ありがたいです。

 

楽天ペイはパケット通信量が発生する

楽天ペイは、支払い時にアプリを開かないといけません。

アプリを開く時は、パケット通信量が発生します。

パケット定額サービスに加入していない人や、通信速度制限になりそうな人は、注意しましょう。

 

楽天EdyはiPhoneで支払いできない

楽天EdyはiPhoneでも利用できますが、支払いにはEdyカードやおサイフケータイ対応機器が必要です。

iPhone単体では支払いできません。iPhoneユーザーには不便ですね。

 

楽天Edyと楽天ペイどっちがお得か?

楽天Edyの還元率は0.5%

楽天Edyの還元率

楽天Edyで支払うと、200円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まります。

なので、楽天Edyの還元率は0.5%です。

 

楽天カードからチャージすれば還元率は1%になる

でも、楽天Edyの場合、楽天カードからチャージしても、200円につき1ポイント貯まります。

よって、楽天カードからチャージし、楽天Edyで支払えば、還元率は1%になりますね。

 

楽天ペイの還元率はクレジットカードによって異なる

一方、楽天ペイの場合、いくら支払っても、楽天ポイントは貯まりません。

代わりに、登録しているクレジットカードのポイントが貯まります。

なぜなら、楽天ペイで支払うと、代金はクレジットカードから引き落とされるので、クレジットカードで支払ったのと同じになるからなんですね。

もし、楽天ペイで10,000円支払った場合、

  • 還元率1%のクレジットカード・・・100ポイント

のクレジットカードのポイントが貯まりますよ。

でも、1つ注意点があります。

楽天ペイでは、楽天ポイントでも支払えます。ポイントで支払うと、代金がクレジットカードから引き落とされないので、ポイントは貯まりません

楽天ペイでポイントを貯めたい人は、必ずポイントを使わない設定にしましょう。

 

楽天カードを登録した楽天ペイなら、楽天Edyよりお得

楽天Edyに楽天カードからチャージして支払えば、還元率は1%です。

また、楽天ペイに楽天カードを登録した場合も、還元率は1%で同じです。

ただ、楽天Edyの場合、ポイントが貯まるのは200円ごとです。

例えば、楽天カードから500円チャージして、楽天Edyで500円支払った場合、

  • 楽天カードから楽天Edyに500円チャージ:2ポイント
  • 楽天Edyで500円支払い:2ポイント

で、合計4ポイントとなり、実際の還元率は0.8%になっちゃうんですね。

なので、楽天カードを登録した楽天ペイなら、楽天Edyよりもお得になりますよ。

 

楽天Edyと楽天ペイは連携できる?統合する方法も解説

楽天Edyと楽天ペイは連携できるか

おサイフケータイ対応のAndroid端末ならできる

楽天Edyと楽天ペイの連携

楽天Edyには楽天Edyアプリ、楽天ペイには楽天ペイアプリがあります。

楽天Edyと楽天ペイの両方を利用するには、今まで2つのアプリが必要でした。

でも、2020年2月6日より、Android用の楽天ペイアプリで、楽天Edyが使えるようになりました

>>>Android用の楽天ペイアプリ

 

1つのアプリで2つのサービスを利用できるので、とても便利になりましたね。

ただ、1つ残念なことに、iPhone用の楽天ペイアプリでは、楽天Edyは使えません。

iPhoneユーザーの人は、今まで同様、楽天ペイは楽天ペイアプリ、楽天Edyは楽天Edyアプリを利用してくださいね。

 

残高は別々

楽天ペイアプリで楽天Edyを使えるようになりましたが、残高は別々です。

例えば、楽天ペイの支払いを楽天Edyの残高から支払ったり、楽天Edyの不足分を楽天ペイで支払ったりはできません。

アプリが統一しただけで、残高や機能は以前のままなので、注意しましょう。

 

統合する方法

楽天ペイアプリに楽天Edyを設定する

楽天ペイアプリに楽天Edyを設定するのは簡単です。

 

1.「電子マネー」をタップ

電子マネーをタップ

楽天ペイアプリを開き、「電子マネー」を押します。

 

2.「楽天Edyをはじめる」をタップ

楽天Edyをはじめるをタップ

「楽天Edyをはじめる」を押します。

 

3.設定完了

設定完了

「楽天Edyの設定が完了しました」と表示されたら終了です。

 

 

楽天Edyと楽天ペイの選び方のポイント

楽天Edyをおすすめする人

  • 使い過ぎを防ぎたい人

使い過ぎを防ぎたい人

楽天Edyは事前にチャージした分しか使えません。

また、残高の上限は5万円なので、最大でも支払えるのは5万円までです。

一方、楽天ペイの場合、上限は50万円もしくは登録しているクレジットカードのご利用可能枠の範囲内です。クレジットカード同様、支払った分が後から請求されるので、つい使い過ぎてしまうことも。

使い過ぎを防ぎたい人は、楽天Edyを利用するといいですよ。

 

  • ラクに支払いたい人

楽天Edyはスマホをタッチするだけで支払えますが、楽天ペイは毎回アプリを開かないといけません。

また楽天ペイの場合、店によって支払い方法が異なるので、ちょっと複雑ですね。ラクに支払いたいなら、楽天Edyがおすすめです。

 

  • クレジットカードを持っていない人

楽天ペイを利用するには、クレジットカードの登録が必要です。クレジットカードがないと使えません。

一方、楽天Edyは現金でチャージできるので、クレジットカードは不要です。クレジットカードを持っていない人は、楽天Edyを使いましょう。

 

  • 楽天ペイを使える店が近くにない人

楽天ペイは楽天Edyに比べ、使える店がまだ少なく、楽天Edyは使えても、楽天ペイは使えないことも多いです。

楽天ペイを使える店が近くにない人や、普段よく利用している店が楽天ペイに対応していない場合は、楽天Edyの方がいいですね。

 

楽天ペイをおすすめする人

  • ポイントを貯めたい人
【楽天Edyを利用した場合】
  • 楽天カードからチャージ:200円ごとに1ポイント
  • 楽天Edyで支払い:200円ごとに1ポイント
【楽天ペイを利用した場合】
  • 楽天カードを登録:100円ごとに1ポイント

のポイントが貯まります。

もし500円支払ったなら、

  • 楽天Edyの場合:チャージ分2ポイント+支払い分2ポイント=4ポイント
  • 楽天ペイの場合:5ポイント

となり、楽天Edyより楽天ペイの方がポイントを多くもらえます

なので、ポイントを貯めたい人には、楽天ペイがおすすめですよ。

 

  • 期間限定ポイントを消費したい人

楽天Edyも楽天ペイも、楽天ポイントを使えます。

でも、楽天Edyは通常ポイントのみで、期間限定ポイントは使えません。

楽天ペイは、期間限定ポイントも使えます。

期間限定ポイントの使い道がなく、いつも失効させてしまう人は、楽天ペイで使い切りましょう。

 

  • チャージが面倒な人

楽天Edyは事前にチャージが必要で、残高不足になると利用できません。

でも、楽天ペイは使った分だけクレジットカードから引き落とされるので、チャージは不要です。

こまめに残高を確認したり、チャージが面倒な人には、楽天ペイがおすすめです。

 

まとめ

  • 楽天Edyと楽天ペイとの違いは、電子マネーとコード決済
  • 楽天カードを登録した楽天ペイなら楽天Edyよりもお得
  • Android用の楽天ペイアプリなら楽天Edyが使える
  • 使い過ぎを防ぎたいなら楽天Edy、ポイントを貯めたいなら楽天ペイ

 

楽天ポイントを最大限ためる方法

ポイントを取りこぼしてない?

楽天ポイントを取りこぼす

もし知らないあなたは、損をしてるかも

楽天公式の新サービスがスタートしてるんですね!

 

最大20%のポイントがもらえる「楽天Rebates」

楽天ポイントを貯める人

  • ユニクロ
  • イオンショップ
  • Apple公式サイト

など、約500店で楽天ポイントが貯まるようになりました!

専用アプリを入り口にして、買い物をするだけ

ポイントの取りこぼしがないように、準備だけはしておきたいですね。

 

rakuten-rebatesアプリ

ダウンロードは無料です!

↓↓↓

今すぐアプリをダウンロード

 
 
 
 




スポンサーリンク