楽天カードの作り方

楽天カードの作り方は?

「1から楽天カードを作る手順を教えるよ!効率的に申し込みしよう!」

 

  • 楽天カードを作るには何が必要なものか
  • 楽天カードの作り方の流れ
  • 申し込みする時の注意点

をまとめました。

 

楽天カードを作るには何が必要なもの?

申し込みする時

  • 引き落とし銀行口座だけ

楽天カードを作るための銀行口座
支払い口座を設定する必要があるため、銀行口座がわかるように準備しておきましょう。

口座がわかれば、後は準備するものありません。

入力時、慌てて探さないように、通帳や銀行カードは手元に置いておきたいですね。

 

受け取る時

  • 身分証明書は、申し込み時では不要

受け取る時に必要になるので、作る時にはいらないんです。

楽天カードが到着する日に、本人確認のため使用されるんですね。

では、具体的に、楽天カードを作る時の手順を見ていきましょう。

 

楽天カードの作り方の流れ

  • 専用の申込み画面からスタート

1.楽天カードの申し込みボタンへ

 

楽天カード申し込み画面

  • 楽天会員の方
  • 楽天会員でない方

どちらかを選択し、申し込み画面へ進みます。

※電話では、発行手続きはできません。楽天カードを作るには、専用画面で行う必要があります。

>>楽天カードの申し込み画面へ

 

ブランドを選択

  • ブランドは、何を選んでもOK

2.クレジットカードのブランドを選ぶ

楽天カードの作り方(申し込み画面)

  • JCB
  • American Express
  • Visa
  • MasterCard

の4つから選択できます。

何を選んでも大きな差はありません。迷ったら、利用者が一番多い「Visa」を選びましょう。

 

デザインを選択

  • お気に入りのデザインを選べる

3.カードデザインを選ぶ

楽天カードの作り方(申し込み画面2)

 

楽天カードの作り方(申し込み画面3)

 

必要事項の入力

  • ここから個人情報の入力へ

4.名前を入力

楽天カードの作り方(申し込み画面4)

  • 漢字
  • ひらがな
  • ローマ字

で名前を入力します。

※ローマ字のスペルを間違えると、使用できない場合も。必ず見直しましょう。

 

5.性別を選択、生年月日を入力

 

楽天カードの作り方(申し込み画面5)

6.電話番号を入力

楽天カードの作り方(申し込み画面6)

  • 電話番号1のみでOK

自宅の番号なしで、携帯番号だけ入力も可能です。

 

7.メールアドレスを入力

 

楽天カードの作り方(申し込み画面7)

パソコンかスマホのメールアドレスを入れます。

入力アドレスが、今後も使う楽天IDになります。いつも使っているメアドだと忘れませんね。

 

8.楽天からのメール情報を、受け取るか決める

楽天カードの作り方(申し込み画面8)

「受け取る」を選ぶと、楽天からお得な情報を教えてくれます。

「余計なメールを貯めたくない!」

ってあなたは、「受け取らない」を選びましょう。

 

9.現住所を入力

 

楽天カードの作り方(申し込み画面9)

文字制限があるので、マンション名が長い人は、部屋番号のみにしましょう。

 

10.家族構成を選ぶ

楽天カードの作り方(申し込み画面10)

「ご家族について」は、下から選びます。

  • 配偶者有 子供有
  • 配偶者有 子供無
  • 配偶者無 子供有
  • 独身(家族別居)
  • 独身(家族同居)

 

「世帯人数(同一生計の人数)」は、下から選びます。

  • 1人世帯(ご本人様のみ)
  • 2人世帯
  • 3人世帯
  • 4人以上世帯

 

11.住んでいる家について選ぶ

楽天カードの作り方(申し込み画面11)

「居住状況」は、下から選びます。

  • 持家(自己所有)
  • 持家(配偶者所有)
  • 持家(配偶者以外所有)
  • 賃貸マンション
  • アパート
  • 借家
  • 社宅・官舎
  • 下宿・間借
  • その他

 

居住年数は、下から選びます。

  • 1年未満
  • 1年以上3年未満
  • 3年以上5年未満
  • 5年以上10年未満
  • 10年以上15年未満
  • 15年以上

 

住宅ローン、家賃の支払いは、

  • 全額、職場で家賃補助がある
  • ローンが払い終わった実家に住んでいる

などの人は、「支払いなし」を選びます。

 

勤務先の入力

  • 学生や専業主婦でもOK

12.勤務先や学校について選ぶ

楽天カードの作り方(申し込み画面12)

「お勤め先・学校について」は下から選びます。

  • お勤めの方(家賃収入等含む)
  • 学生の方
  • 年金受給の方
  • お勤めされてない方

 

13.収入について入力

楽天カードの作り方(申し込み画面)

収入ありなら、

  • 「ご本人様税込年収」
  • 「世帯年収」

※アルバイトやパートでも収入ありになります。

専業主婦などで収入なしなら、

  • 「世帯年収」のみ

を入力します。

 

13.貯金の金額を選ぶ

楽天カードの作り方(申し込み画面13)

預金の金額は下から選びます。

  • 300万円以上
  • 200万〜299万
  • 100万〜199万
  • 50万〜99万
  • 10万〜49万
  • なし
  • 申告しない

「個人情報だから教えたくない!」

って場合は、「申告しない」を選択しましょう。

 

14.請求書を送る場所を選ぶ

楽天カードの作り方(申し込み画面14)

  • 自宅
  • 勤務先

どちらか選びます。

ほとんどの人は、住んでいる自宅で楽天カードを受け取りますよね。

 

15.楽天会員限定の情報を、受け取るか決める

 

楽天カードの作り方(申し込み画面15)

 

もし、広告ニュースはいらないなら、不要です。受け取らないを選択しましょう。

 

16.楽天カードを利用する目的を選ぶ

楽天カードの作り方(申し込み画面16)

 

17.リボ払いの設定を申し込むか決める

 

楽天カードの作り方(申し込み画面17)

手数料がかかる設定なので、特に希望がないなら「申し込まない」

 

18.借金の金額を入力

楽天カードの作り方(申し込み画面18)

19.家族カードを申し込むか決める

楽天カードの作り方(申し込み画面19)

結婚してる人のみ表示されます。(独身者は、この項目は出ません)

ずっと無料で、家族にもう一枚作ることができます。

 

20.ETCカードを申し込むか決める(※有料)

楽天カードの作り方(申し込み画面20)

年会費がかかるサービスです。楽天カードを完全に無料で使う場合は、チェックはしないでおきましょう。

21.電子マネーEdy機能を付けるか決める

楽天カードの作り方(申込画面edy)

楽天Edyの電子マネーが使えるよう設定できます。

申し込まなくても、楽天カードは問題なく使用できます。

 

22.(edyを申し込む場合)オートチャージの設定
楽天カードの作り方(申込画面edy2)

オートチャージ=電子マネーの残高がなくなったら自動でチャージ
って意味ですね。

残高不足をなくしたいなら、設定しておきましょう。

最初は、

オートチャージ金額

  • 3,000円以下になったら、3,000円チャージする

1日の上限額

  • 10,000円

の初期設定になっています。金額は変更できますが、私は最初の設定のまま使ってます。

 

口座の登録

  • ネットで申し込みが楽!できなければ後日、郵送手続きへ

21.支払い口座の設定

楽天カードの作り方(申し込み画面21)

 

  • 「今すぐインターネットでお手続き」
  • 「郵送でお手続き」

から、口座の設定方法を選びます。

すぐネットでやってしまった方が、手間がないですね。

 

【ネットで口座の手続きをする場合】

「選択して下さい」より、以下の銀行から選びます。

  • 楽天銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行・埼玉りそな銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ソニー銀行
  • イオン銀行
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • セブン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 地方銀行
  • 信用金庫
  • 労働金庫

 

22.暗証番号の設定

楽天カードの作り方(申し込み画面22)

好きな数字の4桁を入力します。

楽天カードの支払い時に、必要になる店もあります。忘れずに覚えておきましょう。

 

23.勤務先情報の入力

楽天カードの作り方(申し込み画面23)

勤務先は、

  • 株式会社
  • 有限会社
  • 合資会社
  • 合名会社
  • 学校法人
  • 医療法人
  • 社会福祉法人

など、会社の名前に付く名称を入れます。

自営業は、

  • その他

を選択しましょう。

 

 

楽天カードの作り方(申し込み画面24)

勤続年数は、

  • 1年未満
  • 1年以上3年未満
  • 3年以上5年未満
  • 5年以上10年未満
  • 10年以上15年未満
  • 15年以上

 

職種は、

  • 営業
  • 接客・販売
  • 事務
  • 労務
  • 教育
  • 外交員
  • 技術
  • 運転
  • その他

職業は、

  • 会社員
  • 自営業
  • 公務員
  • パート・アルバイト
  • 派遣・契約社員
  • 役員
  • その他

 

業種は、

  • 製造業
  • サービス業
  • 卸売・小売
  • 教育医療
  • 情報通信業
  • 公務・団体
  • 土木・建築業
  • 金融保険業
  • 運輸業
  • 飲食業
  • 不動産業
  • 出版印刷
  • 電気・ガス・水道・熱供給
  • 農林水産畜産・鉱業
  • その他

の中から、選びます。

 

24.運転免許証の有無

 

楽天カードの作り方(申し込み画面25)

 

25.楽天会員パスワードの設定

楽天カードの作り方(申し込み画面26)

※楽天IDと同じものは使えません。

 

26.楽天会員ニュースを受け取るか決める→口座情報の入力へ

楽天カードの作り方(申し込み画面27)

 

楽天からのお知らせメールが不要なら、「受け取らない」を選択しましょう。

その後、「口座情報の入力へ」

 

27.口座登録の手続きへ

楽天カードの作り方(申し込み画面28)

口座登録してしまうと、書面でのやり取りがなくなって便利です。

「時間がなくなった!」

ってあなたは、入会後でも手続きが可能です。

「入会後の口座登録手続きに変更する」

を選択すると後回しすることができます。

 

楽天カードの作り方(申し込み画面29)

選択した銀行が、楽天銀行だったので、楽天銀行のログイン画面が表示されました。

  • ユーザーID、ログインパスワード

を入力し、連携させます。

 

28.入力内容の確認

 

楽天カードの作り方(申し込み画面30)

 

29.楽天e-NAVIのパスワードを設定するか決める

楽天カードの作り方(申し込み画面31)

楽天カードの情報を変更できる「楽天e-NAVI」のパスワードが必要か選択します。

セキュリティを強化したいなら、申込み後、パスワードを入力します。

 

30.最後、規約に同意して、申込み完了!

楽天カードの作り方(申し込み画面32)

楽天カードの作り方(申し込み画面33)

 

楽天カードをお申し込みいただきありがとうございます。お申込み受付が完了しました。

と完了画面に出ればOKです。

 

楽天カードを申し込みする時の注意点

わからないサービスは付けない

楽天カード付属サービス

  • 自動リボ払い
  • 家族カード
  • 楽天Edy

など色々な追加サービスを選択します。

でも、内容がわからないサービスは申し込まないようにしましょう。

何も追加しなくても、楽天カードは使用できます。シンプルに使いたいだけなら、不要です。

例え、無料やポイントが付いても、使いこなせないサービスは付けたくないですんね。

 

ETCカードは有料

通常の楽天カードは、年会費無料でずっとお金がかかりません。

でも、付属オプションのETCカードは、有料です。

  • 1年ごとに540円(税込み)

かかります。

  • 車を運転する機会がない
  • 他のETCカードを持ってる

って人は、不要です。

日頃、車を運転し、高速をよく走る人だけ、検討するようにしましょう。

楽天カードを完全無料で使いたいなら、ETCカード欄はチェックしないようにします。

 

嘘の情報は入力しない

などは、嘘の情報を記載すると、発行できても、後々修正が必要になって大変です。

年収や預貯金は、大体の数値で構いませんが、

  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 勤務先

などは正しい情報を入力するようにしましょう。

 

まとめ

  • 楽天カードの作る前に、支払い口座の情報だけ用意
  • 作り方はネットで、必要事項を入力してくだけ
  • わからない追加サービスは、申し込まない
  • 手数料がかかる「リボ払い」、年会費がかかる「ETCカード」には注意

発行しても、ずっと無料なので、サクッと発行しちゃいましょう。

どうせならキャンペーン中に申し込みたいですね。

>>無料で楽天カードを申し込む

 
 
 

ポイントを取りこぼしてない?

楽天ポイントを取りこぼす

もし知らないあなたは、損をしてるかも

楽天公式の新サービスがスタートしてるんですね!

 

最大20%のポイントがもらえる「楽天Rebates」

楽天ポイントを貯める人

  • ユニクロ
  • イオンショップ
  • Apple公式サイト

など、約500店で楽天ポイントが貯まるようになりました!

専用アプリを入り口にして、買い物をするだけ

ポイントの取りこぼしがないように、準備だけはしておきたいですね。

 

rakuten-rebatesアプリ

ダウンロードは無料です!

↓↓↓

今すぐアプリをダウンロード

 
 
 

 


スポンサーリンク