楽天銀行のデメリット

「楽天銀行は使い勝手が悪い理由は?」

  • 楽天銀行は使い勝手が悪い理由
  • 楽天銀行のデメリット
  • 楽天銀行のリアルな評判
  • 楽天銀行を有効的に使用するには

をまとめてみました。

 

楽天銀行は使い勝手が悪い理由は?

楽天銀行に対応していないサービスがある

使い勝手が悪くて悩む女性

楽天銀行の口座から引き落としで支払う時、楽天銀行に対応していないサービスもあります。

他の銀行口座であれば口座振替が可能でも、楽天銀行では口座振替ができない場合があるので、対応しているかの確認をしておいた方が良いです。

 

ログインパスワード変更に時間がかかる

楽天銀行のログインパスワード変更を申し込んだ際、新しいパスワードを書かれたはがきが届きますが、届くのに1週間以上かかる場合もあります。

急を要する人にとって、パスワードを知るのに時間がかかることは避けたいですが、はがきが来ないことには何もできないのが悩ましいところです。

 

法人口座のパスワード変更で手数料が取られる

楽天銀行では2021年1月18日より、法人向けの口座でログインパスワードの変更があった場合に、変更手数料がかかるようになりました。

  • WEBでログインパスワードの変更を申請した場合⇒1,100円
  • 郵送で申請した場合⇒2,200円

決して安い金額ではないので、法人口座のログインパスワード変更をする際は、手数料も考慮しなければなりません。

 

急な凍結の恐れがある

楽天銀行の口座を持っている人で、突然の口座凍結をされた人もいます。本人には口座凍結の連絡は入らず、気づいたら口座を凍結されているということです。

多額の取引や、個人口座を事業用で使用している人は特に注意が必要です。

 

楽天銀行のデメリット

楽天銀行のデメリット

手数料が高い

楽天銀行で口座を作る際、ハッピープログラムの条件を満たすことで手数料が無料になったり、他のサービスが受けられます。

しかし、ハッピープログラムの条件をクリアできない場合、少し高めの手数料を取られてしまいます。

  • 出金

セブン銀行・イオン銀行・PatSat→220円(税込)
E-net・ローソンATM・NUFJ・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・VIEW ALTTE→275円(税込)

  • 入金

3万円未満の場合
セブン銀行・PatSat・イオン銀行→220円(税込)
E-net・ローソンATM・みずほ銀行・NUFJ・ゆうちょ銀行→275円(税込)

3万円以上無料

コンビニでお金を入出金する際に手数料がかかりますが、楽天銀行の場合は他の銀行より手数料が高めです。

出金や3万円未満の範囲で入金をする度に、高い手数料を取られるところがネックです。

 

手数料無料の回数を増やすハードルが高い

手数料無料までのハードル

楽天銀行は「ハッピープログラム」というサービスの中で、預金残高や取引回数に応じて手数料無料の回数が決まっています。

しかし、手数料無料となるまでのハードルが低くありません。

月1回の手数料無料が可能になる条件として、

  • 楽天銀行の預金残高が10万円以上
  • 取引を5件以上

の2つを満たす必要があります。

給与振込を楽天銀行口座に指定している場合は、10万円というハードルは高くないかもしれませんが、10万円未満の中で使用する場合は、5回以上取引しなければいけません。

 

実店舗がなく、対面で相談ができない

楽天銀行は実店舗を持たない銀行であり、楽天銀行に関する相談は主に電話で対応しています。

銀行窓口の人と対面で話すことがないため、不安になる人もいます。

また、電話が中々繋がらないという場合も多いので、急を要する時にすぐ
対応できないのもデメリットです。

 

楽天銀行のリアルな評判

悪い口コミ

楽天銀行の悪い口コミ

オペレーター電話対応が悪い

「楽天銀行のオペレーターの対応が悪かった」という口コミをよく見かけます。

オペレーターによって対応の仕方は変わりますが、中には素っ気ない対応をする人もいることを年頭に置いた方が良いですね。

 

スマホから楽天のビジネス口座に入れない

楽天銀行のビジネス口座は、スマホからではログインできないところに不便を感じる人がいます。

 

郵送によるパスワードの再設定が面倒くさい

楽天銀行はIDやパスワードを再設定する際に、はがきで新しいIDやパスワードが通知されるので、再設定に時間がかかる場合が多いです。

再設定に時間を要するところも、不便さを感じてしまう部分です。

 

良い口コミ

  • 「マネーブリッジ」が便利

マネーブリッジとは、楽天証券口座と楽天銀行口座を連携させるサービスです。

マネーブリッジの特徴として、

  • 楽天証券から楽天銀行口座への送金手数料は無料
  • 普通預金の金利が5倍と高くなる

という便利な機能があります。

楽天で株や投資信託を運用する場合、マネーブリッジを利用することでスムーズな運用ができます。

 

  • 振込が楽にできる

楽天銀行は、ネットで他の金融機関からの振込他の銀行への振込ができるので、銀行ATMへ行かなくても振込が可能です。

家にいながら振込ができるので、とても便利です。

 

  • 銀行口座の開設で窓口に行く必要がない

銀行窓口に行かなくてもOK

楽天銀行は実店舗がなく、全てネットや郵送での口座開設となるので、銀行に行く手間を省けます。

開設する際、場所関係なく申込できるのは、楽天銀行の強みです。

 

楽天銀行を活用する場合のコツ

有効活用のコツ

  • ハッピープログラムに参加する

月の手数料無料の回数を増やすために、まずハッピープログラムに参加した方が良いです。

ハッピープログラムのランクは以下の通り。

  • ベーシック
  • アドバンスト⇒残高10万円以上または取引5件以上
  • プレミアム⇒残高50万円以上または取引10件以上
  • VIP⇒残高100万円以上または取引20件以上
  • スーパーVIP⇒残高300万円以上または取引30件以上

残高や取引回数が増えるほど手数料無料の回数も増えていきます。

また、楽天ポイントも最大で3倍付与されるので、楽天銀行を使用する際は、ハッピープログラムへの参加をオススメします。

 

  • キャンペーンを有効活用する

楽天銀行はキャンペーンの数が豊富です。

例えば、口座開設するだけで1000ポイント獲得できたり、ポイントを振込手数料に補填できたりと、お得なキャンペーンがあります。

できるだけ手数料をかけないように、キャンペーンを屈指するのもお得に活用するコツです。

 

  • マネーブリッジに申し込む

マネーブリッジとは、楽天銀行と楽天証券を連携させたサービスのことを言います。

証券口座の運用資金が足りなくなった場合、楽天銀行の口座から自動的に資金を送ることができます。

また、証券口座から自動的に楽天銀行の口座へ送金することもできるので、わざわざ自分で資金を移す手間を省くことが可能です。

 

まとめ

  • 楽天銀行はデメリットや使い勝手が悪い部分、悪い評判もある
  • 引き落としに対応していないサービスがある
  • ログインパスワード変更に時間がかかる
  • 法人口座ではパスワード変更で手数料がかかる
  • 急な口座凍結で口座の利用を止められる恐れもある
  • デメリットとして、手数料が高い、手数料無料回数を増やすハードルが高い、対面での相談ができない
  • 悪い口コミとして、電話の対応が悪い、スマホでビジネス口座にログインできない、パスワードの再設定が面倒
  • 良い口コミとして、マネーブリッジが便利、振込が楽にできる、口座開設で銀行に行く必要がない
  • 有効活用するコツは、ハッピープログラムへの参加、キャンペーンの活用、マネーブリッジへの申し込み

 

楽天ポイントを最大限ためる方法

ポイントを取りこぼしてない?

楽天ポイントを取りこぼす

もし知らないあなたは、損をしてるかも

楽天公式の新サービスがスタートしてるんですね!
 

ニュースを見るだけでポイントが貯まる

楽天ポイントを貯める人

ニュースを見るだけなので、カンタン。

気づけば、毎日ポイントが増えるのがうれしいですね。

アプリを入れておけば、スキマ時間を有効活用できます。

rakuten-app-news

ダウンロードは無料です!

↓↓↓

今すぐアプリをダウンロード

 
 
 




スポンサーリンク