楽天カードの強制解約

楽天カードの強制解約後の支払いは?

  • 楽天カードの強制解約後の支払いは?
  • 強制解約後の支払いで注意すること
  • 楽天カードの強制解約後に再契約はできる?
  • 楽天カードが強制解約した時の他のカードへの影響
  • 強制解約後にする手続きの一覧

をまとめました。

 

楽天カードの強制解約後の支払いは?

  • 基本的には今までと同じ毎月払い

楽天カードの強制解約後の支払い

楽天カードを強制解約させられた場合、残金の支払い方法が気になります。通常通りの支払いでいいのか、一括請求されるのか、不安ですよね。

基本的には、今までと支払い方法は変わらないんですね。通常通りの毎月払いと考えてよいでしょう。

ただし、油断は禁物です。

 

一括請求の可能性もある

楽天カードの規約には、強制解約の場合に、楽天側は一括請求できることを記載しています。

会員は、規約に同意してカードを作っているので、当然ルールに従わなければなりません。

  • 延滞の期間が長い
  • 金額が大きい
  • 態度が悪い

など、利用者の悪質性が高いと判断された場合に、一括請求される可能性があります。

 

楽天カードの強制解約後の支払いで注意すること

支払い条件は必ず守る

楽天カードの強制解約後はすぐ払う

強制解約後の支払いをどうするか、楽天側から提示されるでしょう。おそらく、これまで通りの毎月払いである可能性が高いと思います。

誠実に対応し、計画を破ることなく残金を完済することが得策です。

 

むやみに抵抗しない

気をつけて欲しいのは、楽天側が提示した計画に対して、けっして、抵抗したり無視したりしないこと。

たとえ本心では納得していなかったとしても、表に出してはいけません。

楽天側と対立すればするほど、あなたの信用情報にキズが付くことになります。

 

可能であれば、前倒しで返済する

強制解約後にも、延滞が続くようなら、個人の信用が悪くなる一方です。払う意志があってもい、忘れてしまったら、余計な延滞金がかかる可能性があります。

楽天カードの遅延損害金は、

  • キャッシングの場合には20%
  • カードショッピングの場合には14,6%

の年利が付いてしまうので、無駄なお金を払うことにつながります。

20%の金利の場合、

10万円の支払いだと、2万円余計に払うことになります。かなりもったいないですよね。

 

最悪、支払いを無視し続けると、裁判につながってしまう場合も。

「ギリギリ間に合わなかった!」ってことがないように、思い切って一括返済をしてもいいでしょう。

気分的にもすっきりしますし、何より少しでも早く返済した方が、信用情報が回復するはずです。

 

楽天カードの強制解約後に再契約はできる?

楽天カードの再契約

再契約はかなり難しい

強制解約後の再契約は難しい

メインで楽天カードを使っていた方なら、強制解約を受けた後でも、再契約したいと考えるかもしれません。

しかし、再契約はほぼ不可能といっていいでしょう。

クレジットカードというのは、信用によって成り立っています。一度でもその信用が失われた場合には、簡単に再契約することはできないのです。

 

できない時の対策

  • デビットカードを楽天カードの代わりに利用する

デビットカード

「デビットカードって何?」

使った時点で、登録口座から引き落としになるカード。

後日払いになるクレカとは違い、現金払いに近い

楽天カードの再契約ができないなら、代わりとして、デビットカードの利用を考えてみてはいかがでしょう。

デビットカードには審査がないので、すぐに作ることができます。利用した直後に口座から引き落とされる仕組みなので、使いすぎることもないんですね。

クレジットカードのように後払いではありませんが、

  • 支払いが楽
  • お金の管理がしやすい

ってメリットがあります。

 

  • 電子マネーもおすすめ

電子マネーもおすすめです。ここ数年で急速に普及してきたサービスで、使えば使うほどポイントが貯まるので、経済的。

  • nanaco
  • Suica
  • WAON
  • QUICKpay

など種類がたくさんあるので、自分が使いやすいカードを選ぶことができます。

 

楽天カードが強制解約した時の他のカードへの影響

今持っているカードへの影響

他のカードも停止する可能性がある

クレカの停止

楽天カードが強制解約させられると、すでに持っている他のカードも利用停止になる可能性があります。

審査基準は各カード会社によって異なりますが、利用者の信用情報は共有されてるためですね。

ひとつのカードで支払い遅滞や解約があった場合、情報は他のカード会社にもすぐに共有されます。

「この人は信用できない」

と判断されると、利用停止を受ける可能性につながるのです。

 

今後作るカードへの影響

他のクレジットカードも作りにくい

強制解約の理由が利用者の延滞である場合、他の会社でカードを新たに作ることは絶対にできません。

ただ、強制解約の理由が楽天側の都合など、やむをえない事情がある場合には、作ることができるかもしれません。

解約のお知らせが届いた際に、原因を知るために連絡してみる必要がありますね。

 

完済から5年経過すれば、信用は回復

他のクレジットカードを作ることが困難といっても、作れない状態が永遠に続くわけではありません。

まずは残金を返済してください。そのうえで、完済から5年経過すれば信用も回復し、新たにカードを作ることも可能になります。

5年間は耐え忍ぶしかありません。カード生活が長い人は、余計に辛いですが、電子マネーやデビットカードなどをうまく活用して、過ごす必要があります。

 

強制解約後にする手続きの一覧

  • まずは、楽天に解約原因を問い合わせる

突然、解約のお知らせが来ると驚くかもしれません。しかし、必ずしも自分に原因があるとは限らないので、まずは落ち着いて楽天に問い合わせてみましょう。

なぜ解約になったのか、原因を明らかにする必要があります。

残金の支払い方法も確認しましょう。おそらく通常払いになっていると思いますが、念のため確認が必要です。

強制解約後の連絡先

■コンタクトセンター (営業時間9:30-17:30)

ナビダイヤル:0570-66-6910(有料) ※PHSやIP電話等で使えない場合あり
ナビダイヤルを使えない場合(有料):092-474-6287

自動音声よりコンタクトセンターの方が、すぐに具体的な話ができるのでおすすめです。

  • カードと連携しているサービスをチェック
  • 携帯の通信費
  • 公共料金

などの支払いを、他の決済サービスをクレジットカードと連携している場合、支払い手段を変更しましょう。

自分でも気が付かないうちに、連携している場合は多いです。

早めに対応しておくことによって、支払いが滞る問題を防げます。

新たなトラブルの発生をなくすためにも、どんな支払いをしているか、チェックしたいですね。

 

まとめ

  • 残金の支払いは基本的には通常払いだが、一括請求の可能性も
  • 支払いは、楽天側が示した計画をしっかり守る
  • 楽天カードの再契約は困難!デビットカードや電子マネーの利用を検討
  • 延滞が原因で強制解約された場合、他のカードへ悪い影響を及ぼす可能性が
  • ・まずは楽天に問い合わせ、連携しているサービスをストップ

ポイントを取りこぼしてない?

楽天ポイントを取りこぼす

もし知らないあなたは、損をしてるかも

楽天公式の新サービスがスタートしてるんですね!

 

最大20%のポイントがもらえる「楽天Rebates」

楽天ポイントを貯める人

  • ユニクロ
  • イオンショップ
  • Apple公式サイト

など、約500店で楽天ポイントが貯まるようになりました!

専用アプリを入り口にして、買い物をするだけ

ポイントの取りこぼしがないように、準備だけはしておきたいですね。

 

rakuten-rebatesアプリ

ダウンロードは無料です!

↓↓↓

今すぐアプリをダウンロード

 
 
 

 


スポンサーリンク